2011-05-12

数えきれ無いほどの笑顔と感謝!

10年と言う大きな節目。WOMB でもレジデントパーティーとしては、初めて10年を迎えた 06S。10周年記念パーティーが無事終わった今、全身から力が抜けてしまったけど、未だに心にも身体にも至福の感覚が残って居て、心身共にかなり心地良いよ。もう20年以上クラブ遊び、夜遊びを懲りずにしてきたけど、間違いなく、先日のアニバーサリーは、The Best Party in My Lifeだった!何処に居ても笑顔が溢れていて、06Sの開始当初に良く遊びに来てくれていた懐かしい人や、お世話になった方々、ここ数年で、06S に来てくれる様になったみんなまで、幅広い世代の人々に支えられて、大成功に終わった記念すべき夜。充実感と共に、10年間1歩1歩積み重ねて来た重みと、歴史を改めて感慨深く思っている。

06S 開始当時は、ハウスに対応するクラブとして設計された WOMB の様な大箱で、ドラムンベースのパーティーを始めて、無茶だと言われて居たし、案の定、人は全く集まらなかった。ドラムンベース自体の浸透率が今よりもずっと弱かった日本で、06S に対する風当たりも正直強かった。でも、1年、2年と続けていく事で、コミュニティーが少しずつ大きくなって、3年が過ぎた頃から、他ジャンルに負けないパーティーバイブが、06S のオリジナリティーとして、拡大し始め、現在に至って居る。心からよく10年続いたと思うし、大切な仲間無くしては、有り得なかった10年の歴史。みんなには、感謝してもしたり無い程、感謝している。

当日は10周年用の特別な演出もあって、パーティー開始前にVJ、ライティング、カメラテスト等のリハーサル。また、オープニングセットを、前日にイギリスから届いた新曲数曲で組んだりと、バタバタで本番を迎える迄、数日まともに寝れなかった。06S の 10周年に向けて、GW 中の8日間で4 GIGと、多忙なDJスケジュールの中、沢山の準備があり、気持ちが高ぶっていたし、無事にパーティーが終わる迄は、気が張っていた。パーティー終了時は感無量になって、泣くのかな?なんて思ってたけど、パーティー迄おもいっきり駆け抜けて来た分、開放感と充実感。そして、至福感に満ちあふれていて、始めて感じた感覚だった。むしろ近しい友人達の方が自分よりも、それぞれが06Sに対して持っている歴史や思い出に浸ってくれて、ウルッときてるみんなの優しさと 06S 愛が強く印象に残ったね。 


震災があって、みんな先行きの見えない現状に、不安な毎日を送ってきたけど、震災から2ヶ月経って、多くの人が前に進んで行く事が最善の答えだと、認識し始めた時期に、開催したアニバーサリーだけあって、前例にない独特なハッピーバイブだったし、10年の歴史と共に、みんなが心底アニバーサリーパーティーを祝い、楽しもうとしていたからこそ、実現した夜だった。


今は、11年の新たな1歩を歩み出すけど、とにかく止まらずに、前に進むだけ。(Unstoppable,Just Moving Forward)を掲げ、新しいプロジェクトを立ち上げようと思っている。更に時間を積み上げて、歴史をみんなで作っていこう!

0 件のコメント: