2017-05-18

Let DJ AKi Roll プロジェクト!!

Let DJ AKi Roll プロジェクトがクラウドファウンディングのキャンプファイアで開始して1週間が経過した。まずは、この場をお借りしてこの1週間支援してくれた皆さんに心からの感謝とお礼を伝えたい。自分が望む活動に対して支援して上げようと思ってくれる人たちが、これだけ存在し、応援してくれる事実に、正直かなり久しぶりに心が震えました。本当にありがとうございます。この感覚は初めてで、より気持ちを引き締め更に高く DJとして 更に飛躍する所存です。

そんな嬉しい状況の中、その反面クラウドファウンディングって何?という人も多く、 IT系に詳しくない人にはあまり聞きなれない言葉。自分も実際そうだったし、初めてその言葉を耳にしたのは、2015年11月に出演した、中野区役所前で開催されたフェスティバル、Re Animation 8(以下リアニ)。どうやら支援者からのサポートを募るWeb Site。日本ではキャンプファイヤーというサイトが主流で、このシステムを利用し、支援者を募り、集まった金額で自らのビジネスやイベントの予算を支援金によって展開させる新たなIT系の試み。確かに、あっ!これ古い温泉旅館の若旦那が活用して再生したニュースを見たなと思っていたけど、リアニが集める金額は数百万円で、それだけの予算が集まるもんなんだなと感心して、実際オーガナイザーの杉本君に、その仕組みや考え方を指南してもらった。実際内容を知ると、まだ完璧な答えが明確では無い無限の使用方法があるシステムで、支援金を集めるためのルールも自由度が高すぎて、これはかなり難解かつ簡単では無いなと理解した。

何度も様々なSNSやラジオで伝えているけど、DJ AKi の DJキャリアは20年に突入した。20年と一言で言うとたわいも無い単語に過ぎないけど、振り返ると沢山の違った場所や国でDJをしてきたし、無限の記憶がそこには凝縮されていて、一瞬だったなんて言えない、長い時間を DJ をするという行為に費やしてきた。そんな大きな節目であるDJ 20周年の記念は、自分の人生にとっても自分の軌跡を振り返る良い機会で、もちろんその節目をみんなに知ってもらいたいし、では、そこに向けて何をしたいのか? 自分に問いかける日々が続いていた。幸いな事に、過去に目標としてきた世界各国のDJブースに立つ事が出来て、結果や爪痕を残せてきたかなと思うけど、今自分は何をしたいのか?考えた時に、チェコ共和国の首都プラハで開催されている、ヨーロッパ屈指の大型ドラムンベース・フェスティバル”Let It Roll”に出演してみたい欲求が、そこに存在していた。

各SNSを通して、また毎月自分のパーティーに招聘するDJやプロデューサーと話していると、ここ数年はLet It Rollの話題が上がる。そこには過去に存在しなかった、200組の出演DJ。3日間で10万に及ぶクラウド。かつてなかった ドラムンベースシーンの世界がそこには存在していて、それを自分の目で確かめて、リアルなヨーロッパで凄まじい成長を見せるシーンを更に体感して、この国日本に伝え無いといけないんだなと実感し、今後の日本でより拡大させるべくシーン作りのヒントが必ずあると考えていた。そんな矢先、全く別件でチャットをしていた、Andy Cの義兄であるShimonが、今年は彼のレーベル”Audio Porn”仕切りでステージを出すから、DJをしに来ないかと誘われた。彼とは何度と無く世界中の様々な街で会う機会があって、自分と世界のシーンを繋げてくれるキーマンで、ウィーンで開催されたフェスティバル”BeatPatrol”に誘ってもらった事もあるし、ロンドンに滞在した際は、3日間彼の家に泊めてくれて一緒にスタジオに入った時間もある。心から信頼出来る人で、そんなShimonから今回のオファーをもらったのは、かなり嬉しく受け止めたけど、条件として、日本からヨーロッパへの渡航費用は無く、まずはプラハまで来て欲しいと。海外で活躍する日本人のアーティストや DJ は、実際そんなに存在しないし、全てに当てはまる訳では無いけど、案外ビッグネームの DJ でも渡航費が捻出されないケースが実は多々ある。

DJやアーティスト活動を継続するには、もちろんそれに対する資金や支援者が必要で、そんなサポートを得られずに廃業してしまった優秀なDJやダンスミュージックに関わる人たちを、日本に帰国した2000年から山のように見てきた。自分は今まで環境に恵まれていたからこそ20年もDJを続けられているのは間違いが無い。様々な各方面からのサポートは自分の活動を、今までドラムンベースに触れる機会が無かった人に対して、電波させてくれた役割も大きかったし、知名度が大きくないドラムンベースという音楽の啓蒙活動に対して応援してくれた人々が居たから、今のDJ AKiが存在し、そんな人たちがシーン作りの、重要な役割を果たしてくれた。それでも今後につながる何か新しいアプローチが出来ないかと模索していた時に出会ったのが冒頭に書いたクラウドファウンディング。DJ AKi が DJキャリア20周年を迎え、MIX CDの作成や、全国ツアーを模索していた際に、クラウドファンディングという新たなシステムに着目した。少なからずDJという活動に携わって海外進出をしてみたいと夢見る若者たちが存在すると、DJスクールを開講し知る機会があった。自分のような20年も活動しているDJが、そんな若者たちに対して、自分の求める夢を叶えるには、今回のようなプロジェクトによって成就できる可能性がある事を示す機会にもなるのでは?と考えた。

自分自身でも信じられ無いけど、目標としていたゴールは、プロジェクト開始9時間でサクセスして、1週間でおよそ250%の結果が生まれた。今までもそうだったけど、様々な人たちの愛を受けて自分は成長してきたんだと改めて知る機会になったこのプロジェクト。クラウドファウンディングには、ストレッチゴールといつシステムがあって、ゴールしてもその先に新たな目標が作れるのも面白い利点で、今現在のその先のゴールを近々アナウンスします。今まで誰もやらなかったような挑戦をしたいと思います。是非楽しみにしていて欲しいです。そして、更なるみなさんからのご支援よろしく御願いします。

“Let DJ AKi Roll” Project のページはこちらです。

2017-03-15

DJ AKi 教授になれるかな?

DJ AKi は昨年 djキャリア20周年を迎えた。47歳という年齢になった現在でも DJを生業とし、Mixによって醸し出すグルーブでご飯を食べられている自分は、正直様々な運命の分かれ道で幸運に恵まれるケースが多々あった。極東の島国で生活しながら、目標としてきた海外のクラブやパーティーの DJブースに幾度も立つ機会が与えられ、Wombという日本で最も DJにとって最高な環境のクラブで16年も自分のパーティーを継続出来ている。自分が目指してきた道筋や、生きてきた時代にも恵まれたのは確かだ。でも、その反面、親が他界しようが、交通事故や病気で歩くのもままならない状態であろうが、俺が1番楽しいんだ!という姿勢を崩さない強い気持ちを持ち、どんな場面に対しても、いつも通りのDJ AKi で居ないといけないジレンマは正直今でもある。DJという仕事は、自分のプライベートに何が起こっていようが全く関係なく、絶対的に音楽の力で人を楽しませないとならない職業であり、道化師(ピエロ) みたいな存在だ。それでも、自分の意思で選んだ道である以上、ピエロであったとしても常に自分の愛する音に拘って、攻めの姿勢は崩さず、そんな想いと音楽をしっかりと伝えるべく、自分が成し得る理想のDJスタイルを探求してきた。そして、日本においてアンダーグラウンドでマイノリティーなドラムンベースという音楽ジャンルのDJでありながら、未だ生き抜いている奇跡は、大げさな話でなく、ご先祖様や神に守られ、まだこの仕事を続けなさいとお告げが降りている気がする。この20年で乗り越えてきた修羅場、金では買えない掛け替えのない経験は、自分にとって大きな財産であり、改めて自分には DJしか無いと信じているし、生涯現役でブレる事なく、この仕事の究極の行き先をこれからも模索すべく着実に歩んでいきたい。それが自分の人生であり生き様だから。

20年という長いようであっという間だった時空を超えた矢先、お前はひたすらその DJに対する熱い想いをより探求し続け、世界の舞台に立っても怯む事なく突き進め!と常に強く背中を押してきてくれた、盟友YUUKi MCが昨年ノルウエィーに移住し、親友関係は元より、10年以上続いたDJ と MCという表現者としての最大のパートナーと同じステージに立つ機会が当然の事ながら激減した。彼が担ってくれていた役割は自分にとって本当に大きく、彼のおかげで乗り越えられた局面は計りし得ない。そして、15年に渡ってWOMB の社長として、常に俺がやりたい事、招聘したいアーティストへの理解や気配り、もちろんそれらに伴う予算関係、全てをバックアップしてくれたサビが、新たな人生の出発の為、WOMBを退社した。初めて出会った時、彼が17歳、俺が22歳のお互いクソガキだったけど、夢だけは大きく、’90年代に縁があってお互いニューヨークに移住し生活していた血気盛んな若かりし頃も、2000年にWOMBに入社した頃も、熱い夢物語を語り合い、喧嘩も沢山したし、助けあったし、支えあってきた。彼が居なかったら 06Sも DJ AKiも存続出来なかったのは明らかで、そんなサビの退社は今後の自分の人生及び、DJ活動に大きな変革を求められていると強く受け止めた。もちろん新体制の WOMBからのサポートも大きく、06S継続の為に尽力してもらえているのも、本当に自分は幸せだと噛みしめているけど、今まで真横で自分のやりたい事を突き進め!と応援してくれた最強の2人が居なくなったのは、15年も当たり前だった事が、当たり前でなくなる時が人生では起こるんだと身にしみて感じたし、自分が DJとして新たなアプローチを模索しないといけない状況に置かれたのは事実だ。

そんな中、何か新しい動きをしたいと思案していた最中に、現在全国に9校のDJ SCHOOLを開校させ、名実ともに日本一のDJスクールへと成長させた lll FAITHS DJ SCHOOLの代表である神山クンから、日本で最も尊敬するDJの AKiさんに当校で、ドラムンベースに特化したクラスを開講する気がないか?とオファーをもらった。彼は06S 1Fパーティーの立ち上げの際のオリジナルメンバーであり、もう7,8年のお付き合いだけど、長い間、一味も二味も既存の日本人DJとは違う何かを俺のプレイから感じ取っていてくれていて、この機会にDJ AKiをアドバイザー及び講師として、当校と関わって欲しいと熱い想いを伝えられた。素直にそんなオファーをもらえた事を嬉しく思えたけど、果たして自分に講師としての力量がどれほどあるのか? かなりの時間考え抜いたけど、明確なのはこの20年間現場で培った経験がそこにはあって、新しく自分が出来る動きとして、DJスクールの受講希望者に、今までいくつもの修羅場を通ってきたからこそ身についた知恵やテクニックを惜しみなく、新たな世代の人々に伝えられる機会は自分にとって大きな挑戦であり、今後のシーンに少なからず影響を及ぼせるのでは無いかと答えが出た。正直初めての事で未知数だけど、シーンの裾野を広げるチャンスでもあり、今後自分が育てあげるであろう、これから出会う生徒達が、06SやJupiterのみならず、様々なフィールドで活躍してもらえたら、そんな未来があって素敵な話は無い。開講に向けて緻密なカリキュラムも製作中で、それぞれの生徒のレベルに適したレッスンを組める見通しも立った。自分自身も講師を飛び越えて、教授(プロフェッサー)になるべく、この場を借りて正式に発表させてもらいます。

DJ AKi Drum & Bass Training  camp (ドラムンベース・トレーニング・キャンプ) を2017年の4月から開講致します!!!
詳細はこちらから。

http://3faithsdjschool.com/hp/djaki.html

熱い想いを持って、受講希望の方々には真摯に向き合い、自分が教えられる事は全て包み隠さず伝授するので、ご連絡お待ちしてます!!