2014-05-08

06S 13周年記念パーティーを終えて

 06Sの13周年記念パーティーに参加してくれた皆さん改めて心からありがとう。想像を遥かに超えた大盛況っぷりは、圧巻な勢いがあって、まだまだ前へ、より高くまで登っていける気がした、とってもポジティブなバイブだった。そして、この13年間みんなの愛情に包まれて育んでもらった愛の結晶のように思えて、何とも例えようが無い多幸感が溢れ、正にWE ♡ 06Sだった。当日は日本全国、北は札幌から南は福岡まで06Sラバーが駆けつけてくれたり、13年間の歴史の中で、06Sに携わってくれた古くからの友人や、今では海外で暮らす人達もサプライズで登場してくれたりで、1,000人を超える人達にお祝いしてもらいました。

 13年間06Sを続けて来て心から思う事は、自分達の大好きな音楽を愛しながら、信念を貫き通して来て、本当に良かったし、間違っていなかった。ドラムンベースという日本ではマイナーで小さな音楽ジャンルのシーンだったけど、1年1年少しづつ経験や愛情、時間を積み上げた事で、今ではWOMBを代表するパーティーになれたし、アジアで1番大きなドラムンベースパーティーへと成長した。もの凄く感慨深い素晴らしいモーメントだった。DJをしていて、YUUKiとのコンビネーションの経験値が上がって来たと思えたし、自分たちが繰り出すグルーブで渦巻く熱気の高まり方が最高に気持ち良かった。そして、パーティー終了迄あれだけの人達がフロアーに残ってくれている景色は、06S愛が溢れていたし、そんな愛を感じながら、まだまだ06Sを続けて行きたい気持ちが高まった。ひとまず20周年までは行けるなと確信出来たよw


ゲストDJとして来日してくれたFRICTIONのDJも素晴らしかった。コアタイムを任せて本当に安心出来るプレイで、CDJ4台をフル回転させて06Sにフィットした音を2時間通して次々とドロップしてくれた。最近ではPIONEER UKのオフィシャルパフォーマになっただけに、その匠なコントロール技術やプレイは驚愕で、UKを代表するドラムンベースアイコンとして、彼がこれからも更に高くまで駆け登ると思えたし、今回06Sのアニバーサリーに出演する事を心から喜んでくれたのが何よりだった。今後は彼が主宰するレーベルSHOGUN AUDIOに続き、もっとアップリフティングな楽曲をリリースしていく新たなレーベルも立ち上げるようなので、更に注目して行きたい。


 そして、いつもサブレジデントとして06Sに出演してくれている、VELOCITY(ベロちゃん)やMASA君のプレイも安定していて、彼らの成長もとても心強く、凄く良いDJになってきたと思う。また、KEITA、今はトロントで暮らすYMASAや、ITTI、若手のDJチームFUTURE FORCES、MC CARDZ、SIGNAL、KAIZAN CREW等、次の世代のDJ達にも常に扉を開いて、もっとチャンスを与えて行きたいし、彼等には06Sを軸に更に活躍して欲しい。また、いつもフルサポートしてくれるWOMBのスタッフにも心から感謝したい。


13周年が無事に終了して、張りつめていた気持ちが緩んだせいか、完全にスイッチがオフになってしまって、何も手に付かない状態に陥って束の間の休息を取っているけど、次回のASYのアルバムリリースパーティーに焦点をしっかりおいて、14年目の第1歩を切ろうと思います。これからもみんなからの熱いサポートが必要なので、06S共々DJAKiをよろしくお願いしますね!

0 件のコメント: