2011-02-07

dBRIDGE

東京での活動を2000年に開始してから、最も親交の深いアーティストの1人、dBRIDGE。公私ともに様々なサポートをしてくれているdBRIDGEは、大きな信用と友情を抱ける、大切な友達であり、長年に渡ってシーンを支えている重要人物だ。


ドラムンベースの黎明期から、MALDINIとのユニット"FUTURE FORCES"で、大きく注目された彼等だが、RENAGADE HARDWARE という老舗ハードコア路線レーベルは、当時、既存のレーベルに収まりきれなかった彼等のサウンドの為に、TROUBLE ON VINYLが立ち上げたサブ・レーベルだ。それぐらい彼等のサウンドは新しく、衝撃的だったのだ。自分の買った最初のレコードの5枚以内に、彼等の楽曲があったのは、遠い懐かしい記憶だ。


その後、FRESH と VEGAS が FUTIRE FORCESと融合し、結成されたのが、BAD COMPNAY (現BCUK)。今では伝説ユニットとなったが、BAD COMPANYは、"NINE"、"4 DAYS"、"PULSE"等、10年経った今でもTOP DJ達がプレイする、大ヒットチューンを次々と連発。一躍時の人となった彼等は、ファーストアルバム、"DIGITAL NATION"で、ドラムンベースシーンに大きな金字塔を打ち立てた。しかし、4人は、音楽性の違いからわずか3年間で、解散してしまう。


BAD COMPANY解散以降のdBRIDGEは、BAD COMPANY時代とは一線を画した路線を突き進み始め、独自のレーベル"EXIT RECORDS"を主宰し、より研ぎすまされたサウンドを求め始める。EXIT = 出口。彼の命名したレーベル名は、今迄の活動から脱却し、新たな活動の第1歩を歩み始めた、彼のメンタルを象徴するシンボルなのだ。そして、彼の探求心は、より深い物へと発展し、彼の産み出すサウンドは、実験的で、研ぎすまされた上質な音達によって構築され、よりディープかつミニマルに進化していく。進化して行く仮定において、彼のサウンドに傾倒する様々な世界中のプロデューサーが誕生し、dBRIDGEが示すレーベルポリシーに賛同したアーティスト達が、彼の元に集結した。その一人である、INSTRA:MENTALは、dBRIDGEの盟友であり、未来のサウンドを語り合い、模索するアーティストであり、EXIT から更に進化した形の音源を発表するレーベルとして、"AUTONOMIC" を共に立ち上げた。進化の止まらない彼等のサウンドと、レーベルが進んで行く方向が、予測不可能な新たな物ばかりで、まるで新たなジャンルになってしまいそうな勢いだ。今後の動向も大注目だろう。


そんな中、今年の1月にEXIT RECORDS からリリースされた、コンピレーションLP "EXIT RECORDS presents MOSAIC, VOL.01 "。18組の世界各国のプロディーサーの作品22曲が収録された作品は、正に最先端の音源が集結した2011年の方向性を示す、最重要なアルバム。先日リリースしたNIKE +の MIX にも、4曲このアルバムからセレクトし、MIXした。NIKE+のMIXと合わせて、MOSAIC LPは、要チェック!

0 件のコメント: