2016-07-06

グアムレポート _ Electric Island Festival 2016

人は過去の経験によって、未来の自分の身に起こりえる事柄をイメージし、その想像に伴った状況に最善の形で対応出来るように、自分がすべき案件を実行する生き物である。自分の仕事はDJで、演者として過去20年のキャリアで、全くぶれる事なく、そんな想いと共に、フロアーに足を運んでくれる人々に対して自分のベストを尽くすべく、目の前で待っている1つ1つのギグと真剣に向き合い挑んで来た。しかし、時に自分の想像を遥かに超える想定外の現実が待ち構えている事もあって、大きく感情を揺るがされ、良い時も悪い時も想定外な状況が心にダイレクトに刺さる、そんなエモーショナルな感覚が好きな上に、自分が知り得ない場に足を踏み込む行為自体が病みつきになっているから、この仕事を継続しているのかも知れない。このブログを書いている10日前に、1年ぶり2度目のグアムに訪れ、Electric Island Festival 2016(以下EIF)に出演したが、グアムで感じ取った今回のこの感情の揺れは、正に想像の範疇を遥かに超える壮絶な経験になった。

ご存知の通り、グアムは日本から最も近いアメリカで、成田からわずか3時間のフライトで到着してしまう近距離な、とても利便性の高い南国の島。沖縄に飛ぶような時空間なのにも関わらず、入国の際にESTAを取得したり、当然パスポートも持参しないといけない海外。昨年初めて訪れて、ニューヨークに長年住み続けてしまった自分としては、こんなアメリカが存在するんだなと、3日ながら滞在して知った。そんな短時間ながら経験したグアムでの時間によって、今年訪れるグアムでは自分が何をすべきか出国数日前から昨年の時間を思い起こしながら考えていた。EIFは過去にグアムで4回ほど開催されたフェスティバルで、WOMBがコラボレーションする事が決定し、そのフェスティバルの前夜祭、アフターパーティーに出演させてもらって、自分が出演した舞台は、EDMがメインのフェスティバルでは無くて、小さなクラブやビーチパーティーだったけど、今年は有難い事に、EIF自体が2日間に拡大して、1日目のメインステージが、BASS MUSICを軸に開催され、そのステージのトリとして出演オファーが届いた。正直な所、果たしてグアムのダンスミュージック・フェスティバルで、ドラムンベースが受け入れられるのか? 全く想像が付かず、1日目の最後の時間帯は、メインステージであっても、フロアーに誰も人が居ない可能性大なリスクを伴うオファーであったけど、昨今のアメリカやヨーロッパで起こっている、BASS MUSICのムーブメントを信じて、媚びずに自分がやりたいパフォーマンスを悔いが残らないように、全力でやり切ろうと心に決めていた。しかし、出国前日は、朝方までDJ AKi STREAMのfacebook配信の検証をしたり、もちろんグアムでのセット組みに時間を費やして、一睡もせずに飛行機に搭乗し、わずか3時間のフライトで十分な睡眠も取れず、夕方にグアムに到着してからも、前乗りしていたスタッフ達と合流し、深夜1時半からの出演まで、わずかな仮眠と、食文化が乏しいグアムの食事を胃に押し込んで、会場へと向かった。
ベストコンディションとは言い難い状況で会場入りしたけど、今年のEIFは、会場がレースサーキットへと場所が変わって、昨年よりも高台に位置する環境には、心地良い風が流れていたけど、夕方からパラパラと雨が降り、サブステージや、VIPエリアに人が溜まっていたのもあって、早めに会場入りした際は、メインステージのフロアーにはそんなに人が居なかった。でも、次第に雨も収まり、時間が経つにつれて徐々に客足も増えてきた。久しぶりの海外での屋外フェスティバルの雰囲気も楽しみつつ、昨年お世話になったEIFクルー達との再会を楽しんでいると、あっと言う間に自分の出演時間になって、ステージに立った。いつもの06Sでのプレイのように、勢いに任せスタートダッシュを試みると、こんなに人が居たかな?と思うほど、フロアーに人が集まってくれて、次々にドロップする曲とMIXに対する反応が信じられないほど良くて、自分のコンディションなんて、全く忘れてしまうほど、テンションが高まり、フロアーは、昨年出演した大型フェスティバルUMF JAPANやRe:Animation 8のDJで感じ取った感覚を鮮明に思い出すような、DJブースからは数え切れない人が狂喜乱舞するフェスティバルならではのバイブ。フロアーから跳ね返ってくる波動の勢いが凄まじく、グアムでこんなにドラムンベースが刺さるのかよ~!と思いながら自分のDJタイムをかなり満喫させてもらった。そして、一瞬に感じるほど90分のセットを終了すると、1日目のフェスは終了し、程なく別テントで、お疲れのビールを飲んでいると、怒涛のスコールが。もうこのタイミングで雨かよ!と思うほどの豪雨に見舞われたが、いつもの通りDJ AKiは、一滴も濡れる事なく、帰路のバスに乗れるという奇跡が再び。グアムでも晴れ男伝説再びだったので、本当に悪い事は言わないですが、屋外フェス企画中の方は、是非てるてる坊主の代わりにDJ AKiのブッキングをお勧めしますw


グアムは、アメリカだし、このグアムのフェスの運営がLAのチームだったりもするので、DJの反響が凄まじく良く、LAやハワイのプロモーターからも、声をかけてもらえて、アメリカ本土に上陸する日も、そう遠くなさそうだ。結局はどれだけ本領を発揮し、結果を残し、どう評価してもらえるのか。DJは1発1発のギグを真摯に向き合って、常にど真ん中に直球を投げ込むのが、最も大事だと改めて痛感した。そして、心から嬉しかったのは、DJ AKiを常に全力で応援してくれて、地方遠征にも応援に来てくれる、ケイコ会長と、サオリン副会長がグアムまで駆けつけてくれた事。もう彼女たちのパッションに感動だし、異国の地で見たDJ AKiを更にサポートしますよ!と言ってくれたのは、彼女たちあってのDJ AKiだと更に感じました。彼女たちを筆頭に、もっともっとそんなサポーターが増えてくれたら幸いだし、これからは、自分のエゴでは無く、みんなで作り上げるプロジェクトをより強化し、もっともっと海外に進出したいと、心に強く決意したグアムでした。


0 件のコメント: