2010-04-17

NOISIA _ SPLIT THE ATOM

オランダはもとより、現在ではヨーロッパのドラムンベースシーンを代表する強力な3人組ユニット"NOISIA"。BLOCK CONTROLで、衝撃的にシーンに頭角を現して以降、様々なアーティストとのコラボレーションや、RAM RECORDS よりFACADE VIP。VIRUS RECORDINGS から END GAME と、 トップレーベルより次々とリリースを重ね、全世界で NOISIA フリークが増殖中だ。そして、満を持して先日、自主レーベル "VISON"よりリリースされた、デビューアルバム "SPLIT THE ATOM"。


約2年前 06S にメンバーの1人、 Thijs (タイス)が出演してくれたが、それ以来、度々新曲を送ってきてくれている。音質と曲のクオリティーが凄まじい勢いで、年々進化していて、プロ中のプロである、ED RUSH や、OPTICAL が、プロダクションスキルを彼等に尋ねるらしく、NOISIA ならではのサウンドクオリティーは、正に玄人も唸らせる職人芸。シーンでメキメキと頭角を表している NOISIA だが、今回リリースされたアルバムは、とにかく凄い!の一言。約 3ヶ月前に送ってもらって、初めて車で聞いた時の衝撃は、とてつも無く大きかった。。。


ドラムンベースシーンから飛び出したプロデューサーでありながら、アルバムの三分の二はドラムンベース以外の他ジャンルで、エレクトロ、ハードコア・ブレイクビーツと、バラエティーに富んでいて、様々なリスナーが楽しめる内容になっている。何と言ってもサウンドクオリティーの際立ち方が、驚異的で、ビートはよりソリッドに、ベースはより極太になっている。最近は自分も TAKEOとスタジオに籠り、スタジオワークの日々だけど、あの音を奏で、響かせる難しさと、そこに裏打ちされた経験値と知恵は、憧れ的存在であり、目指すべきサウンドだ。


アーメンビーツ炸裂の "SHELLSHOCK"は、長年ドラムンベースを聞いて来て良かったなぁと思わせてくれる、おもいっきりハードコアな楽曲で大好きだし、先攻シングルとしてリリースされた "MACHINE GUN" は、エッジが効きまくった驚愕のサウンドで、ブレイクビーツでありながら、様々なドラムンベース DJ にもヘビーローテーションされ、ロシアンモダン・テイストな PV も制作され、大きな話題を呼んでいる。先週の WOMB 10周年記念パーティー で自分も最後にプレイしたけど、盛り上がりが凄まじく、ジャンルレスに NOISIA が支持される事を確信出来た。


はっきり言って、NOISIA 完全に来てます。このサウンドを聞かずしてシーンを語るなかれ。